海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > インド > カルカッタ(現コルカタ)

インドカルカッタ(現コルカタ)旅行ガイド

カルカッタ(現コルカタ)イメージ コルカタは、植民地時代の英語名であるカルカッタから、正式に現地語名のコルカタに改称した。もともと、ベンガル語では「コルカタ」(Kolkata)と発音していたのだが、長年親しまれてきたカルカッタ(Calcutta)の名称に、今なお愛着を示す人々も多い。 インドのほかの大都市に比べて、コルカタほど生活臭の濃い町はないだろう。下町の雑踏に足を踏み入れると、人間や動物や車の喧噪が入り乱れ、その生のエネルギーには圧倒される。 地元のベンガル人はもとより、バングラデシュからの移住者、パンジャーブ人、ビハール人、マールワーリー商人、中国人など、あらゆる異なった出身と階層の人々で町はあふれ返らんばかりである。それに犬、牛、カラスの群れも加わっているのだ。それぞれが己の信条、生活規範に従って生活を営み、町は混沌とした熱気で満たされている。 道はバス、車、人力車(リクシャー)などあらゆる交通機関でごった返し、乗り物は常に満員。夕方など1台のタクシーを求めて何人もが駆けつけるありさま。教養ある紳士もこのときばかりはなりふりかまっていられない。 こうした不便さに辟易する旅行者も多いが、また善きをも悪しきをも容易に包み込んでしまうコルカタの空気に、何かしら居心地のよさを感じる人も少なくない。コルカタに慣れてしまえばどこへ行っても大丈夫だろう。 詩人タゴールの『少年時代』に往時のコルカタの様子があるが、多様なものをたやすく受け入れ、また何かを生まずにはいられないコルカタの空気は、今も変わらぬもののようだ。 ベンガル地方は、シタール奏者ラヴィ・シャンカルや映画作家サタジット・レイなど有名な芸術家を多く輩出し、ノーベル賞受賞者ではマザー・テレサや経済学者のアマルティア・セーンなどがいる。インドを代表する著名人や芸術家を数多く生み出している土地であり、その州都コルカタは文化的活動も盛んである。タゴールの原作になる演劇や舞踏、さまざまな音楽会を見てみるのもよい。 現在は人口約4580万(市区は1320万人)。人口規模ではインド第1位の座をムンバイーに譲ったが、その発展の歴史はイギリス植民地統治と深く結びついている。1690年にイギリス東インド会社がここに拠点を置いたときは、3つの小さな漁村があったに過ぎなかった。そのなかのひとつの名、カーリーカタにちなんで、この都市がコルカタと呼ばれるようになったという。 1911年のデリーへの遷都まで、植民地インドの首都として栄え、独立後も産業、商業、輸送の中心として重要性を増すと同時に、多彩な芸術活動、また政治運動が展開されている都市でもある。

地球の歩き方からのオススメ情報

カルカッタ(現コルカタ)の天気

カルカッタ

8/22

30℃/26℃

何を着よう? 服装ガイドと一週間の天気を見る

インドの最新記事

  • 新着
  • ニュース&レポート
  • 特派員ブログ
  • 旅の口コミ
  • 海外安全情報

アジア の海外航空券

カルカッタ(現コルカタ)のおすすめホテル

カルカッタ(現コルカタ)のおすすめツアー